エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

国連事務総長、「国際社会は北朝鮮問題の平和的な解決のチャンスを逃してはならない」

国連事務総長のおっしゃるとおりです。
他方、我が日本の河野外務大臣は「北朝鮮のほほえみ外交に惑わされてはならない」
などと同じ会議で発言しています。
河野外務大臣は、余計なことを言う前に、朝鮮へ行って拉致問題の解決を図るべきでしょう。





  • 国連のグテーレス事務総長
    国連のグテーレス事務総長

国連のグテーレス事務総長が、ドイツ・ミュンヘンでの安全保障会議の参加者らに対し、北朝鮮の核問題を平和的に解決するチャンスを逃さないよう求めました。

ミュンヘン安全保障会議は、数十カ国の首脳や外交官、防衛関係者の参加により、16日金曜からミュンヘンで開催されており、18日日曜まで行われます。

IRIB通信によりますと、グテーレス事務総長は16日、この国際会議において、北朝鮮のミサイル開発に軍事的な手段により対抗することは、悲惨な結果をもたらすとして警告し、「国際社会は冷戦後初めて、北朝鮮の行きすぎた核活動による悪影響を受け、核戦争勃発の危険に遭遇している」と語りました。

また、朝鮮半島の危機の平和的な解決策を見出すべく、国際的な圧力行使が必要だとし「北朝鮮に圧力を行使し、同国を協議のテーブルに着かせる必要がある」と述べています。

アメリカとその同盟国は、北朝鮮の核実験の停止を求めていますが、北朝鮮はこれまでに何度も、アメリカとその西側同盟国が、北朝鮮に対する脅迫を止めない限り、先制攻撃能力を初めとする軍事力の強化を続行すると強調しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27083120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-18 09:09 | 国際情勢 | Trackback