エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

トルコ外相、「イエメンは惨憺たる状況に置かれている」

備忘録です。トルコの見解はサウジアラビアを批判し、イエメン攻撃を止めるよう要請するものです。

備忘録。イエメンを巡るトルコ・エルドアン政権の見解です。





  • トルコのチャヴシュオール外務大臣
    トルコのチャヴシュオール外務大臣

トルコのチャヴシュオール外務大臣が、イエメンは、サウジアラビアとその同盟国の軍隊の攻撃により、悲惨な状況にあるとしました。

IRIB通信によりますと、チャヴシュオール大臣は18日日曜、ドイツ・ミュンヘンでの安全保障国際会議の傍ら、「国際社会はイエメンの問題の解決のために努力し、同国への攻撃の停止を促すべきだ」と述べました。

サウジアラビアは、アメリカの支援を得て、2015年3月からイエメンを攻撃しています。この攻撃により、これまでに数万人が死傷したほか、数百万人が住む家を失い、難民となっています。

チャヴシュオール大臣はさらに、シリア問題について、「シリア問題の解決において多くの進展が見られており、同国の状況は改善されている」としました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27091824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-20 13:48 | 国際情勢 | Trackback