エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

シリアのクルド人勢力、トルコ軍対抗でアサド政権と協力と

ISはほぼ打倒されたが、その後は、誰が敵で誰が味方か訳が分からない状態のシリア。
今度はクルド人勢力とシリア政府が、対トルコ戦線では協力。
ただし、シリア政府のバックのロシア政府は対トルコ外交も重視し、トルコに
ミサイルを売るなどしています。
アメリカはアメリカで、トルコとの関係は悪化する一方でクルド人勢力に資金援助をしている、
非常にこんがらがってきました。






シリア北部のクルド人武装勢力は18日、同国北部アフリンに侵攻したトルコ軍に対抗するため、アサド政権と協力することで合意したと明らかにした。

シリア政府は合意について報道を確認していない。

シリアと国境を接するトルコは、アフリンで活動するクルド人勢力をテロリストだとみており、先月から大規模な攻撃を実施している。

現在アフリンにシリア軍はいないが、クルド人勢力の幹部、バドラン・ジア・クルドはロイター通信に対し、数日中にもシリア軍がアフリンに入り、国境地帯に配備される可能性があると語った。

イラクのクルド系メディア「ルダウ」も、シリアのクルド人政治家の話として、アサド政権とクルド人勢力との合意を報じており、シリアのクルド人勢力を支持する通信社も同様に報じている。

BBCワールド・サービスのアラン・ジョンストン中東編集長は、合意が本当なら、トルコ軍はアフリンでクルド人勢力だけでなくシリア軍とも対峙することになると語った。

2012年にアサド政権の軍隊がシリア北部から撤退して間もなく、クルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)の支援を受けたクルド人勢力「民主連合党」(PYD)が、同地域を支配下に置いた。

YPGは、シリア国内の広範囲の地域から過激派組織「イスラム国」(IS)を掃討した。

トルコはYPGを、過去30年にわたってトルコからの分離独立運動を展開してきた非合法組織、クルド労働者党(PKK)とつながっていると考えているため、アフリンからYPGを排除しようとしている。

一方のYPGは、軍事、政治両面でPKKとの直接的なつながりはないとしている。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27091835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-20 13:58 | 国際情勢 | Trackback