人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2.26事件から82年 そして「崩壊の時代」

2.26事件から82年が経過した。
あの時の青年将校自体は、どちらかといえばリベラルだったと思う。
治安維持法廃止や政治の男女参画など、今日につながる見るべきテーゼもあった。
しかし、青年将校が高橋是清ら既成政党政治家に「天誅!」を加えた結果、ほくそ笑んだのは、いわゆる統制派(東条英機ら)と、革新官僚(岸信介ら)だった。
政党と青年将校は共倒れとなった。そして、それ以降は日本は「崩壊の時代」に入った。
現代日本では、2011年の大阪ダブル選挙が「2.26事件」に相当すると思う。
そして、おおさか維新や未来の党と民主党で票が割れたことを奇貨として安倍自民党が復活。
暴走を開始した。そういう意味では今の日本は1942年~1943年ころに相当する状況だと思う。
ただし、戦時中でも本当に日本人の尻に火が付いたのは1944年のサイパン陥落以降ではなかったかと思う。
これ以上、安倍晋三と一蓮托生の「玉砕」はご免である。とにかく「被害を最小限に抑えること」。
これが至上命題である。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27103600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-26 06:00 | 歴史 | Trackback