人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

少女に「殉教者になれば名誉」 エルドアン大統領に批判

「殉死」を子どもに教唆するトルコのエルドアン大統領。
まるで、戦時中の日本。心の底から、ぞっとします。
そんなエルドアンにべったりなのがわれらが日本の安倍総理ですが・・。
戦時中の日本そっくりです。
当時の日本と、今のトルコは、「米英寄りだった国が米英と喧嘩別れしたことや、
トルコも日本もアジアの中では比較的早く近代化し
憲法を持ったという点などよく似ています。


 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領が与党公正発展党(AKP)の集会で、戦闘服姿の少女を壇上に上げ、戦闘で「殉教者」になれば名誉を受けるだろうなどと発言、ネット上で批判の声が出ている。英BBC放送などが27日までに伝えた。

 AP通信によると少女は6歳。トルコ南部カフラマンマラシュで24日に開かれたAKPの集会で、エルドアン氏は少女のポケットに入ったトルコ国旗を見て「殉教者になれば彼女は国旗で覆われるだろう」などと述べた。

 これに対し、ツイッター上には「子どもの死をたたえるなんて」「子どもを守るのは国の義務だ」などの批判が書き込まれた。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27109999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-03-01 06:30 | 国際情勢 | Trackback