人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

トランプ大統領の経済顧問が辞任しました。

トランプ大統領の経済顧問が辞任しました。
ますます、トランプ政権は内向き=覇権国家を辞める方向へ向かっていくと言うことになるでしょう。






  • ゲーリー・コーン国家経済会議委員長
    ゲーリー・コーン国家経済会議委員長

アメリカのトランプ大統領が始めた貿易戦争への抗議が高まる中、トランプ政権の経済政策の司令塔であるゲーリー・コーン国家経済会議委員長が辞任を表明しました。

コーン委員長は、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を巡るトランプ大統領との見解の対立を受け、辞任の意向を表明しました。

コーン委員長が辞任を表明したことと、トランプ大統領が輸入関税を課すことに固執していることから、アメリカ政府の保護貿易主義が拡大し、世界は貿易戦争に入ると見られています。アメリカの保護貿易主義を代表するトランプ大統領は、鉄鋼製品に25%、アルミニウム製品に10%の関税を課す方針です。トランプ大統領は、この決定の目的は、アメリカの鉄鋼・アルミニウム産業を救い、国内の生産を強化し、新たな雇用を創出することだとしています。こうした中、世界で貿易戦争が起こるのではないかとする見方は、ホワイトハウスや共和党の間に懸念を招いています。

アメリカのポール・ライアン共和党下院議長は、異例の警告の中で、次のように語っています。

「我々は貿易戦争の影響を強く懸念しており、関税に関する計画を拡大しないよう政府に警告する」


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27126031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-03-08 21:14 | 国際情勢 | Trackback