人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

復興は個人の生活再建を最優先に/311以降、日本は進歩したのか?

東日本大震災から7周年の3.11。

まずは、心から犠牲になられた皆様にお悔やみ申し上げたい。

しかし、東日本大震災と原発事故(原子力非常事態宣言)は現在進行形である。

まず、復興については、これまでの復興事業の総括が欠かせないと思う。

7年間の総括にあたっては「被災者ひとりひとりの生活の再建」を最優先とすべきだろう。

極論すれば、今後、「町の人口」が回復しなくても、「その町に住んでいた人が、【どこか】で生活をうまく再建できること」を優先すべきではないのか?

 これは東日本大震災だけでなく、他の災害にも言えることだと思う。

原発事故については、収束のめども立っていない。この収束のめども立たない中で、安倍ジャパンは、公的資金を投入してまで原発輸出を進めている。ヒロシマ・ナガサキ・そしてフクシマを経験した国のやることではないだろう。

311から日本は進歩したのか?そのことが強く問われなければならないと思う。

左派・リベラル陣営の一部も、脱原発を求める勢い余って、浮き足だった面はあったと思う。
特に、安倍昭恵さんを「脱原発」「家庭内野党」で持ち上げてしまったことは、安倍昭恵さんを甘やかした。
森友学園問題を初めとする国政私物化の背景になっているとも思う。
だが、安倍政権の継続こそが、原発再稼働、そして輸出路線の継続であることは明らかである。
左派・リベラル陣営の一部も初心に戻って出直す必要がある。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27129690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-03-11 00:00 | 東日本大震災 | Trackback