エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

佐川氏、来週にも国会証人喚問へ 与野党が調整

とにかく、佐川氏1人に罪をなすりつけるのではなく、事件の全容を解明しなければなりません。
次は当然、安倍昭恵さんでしょう。

もちろん、安倍総理夫妻をかばうために官僚が悪事をしたのは明らかだし、多くの国民がそう思っているでしょう。
制度的な面から言えば、内閣人事局制度と小選挙区制のダブルの悪影響で「殿ご乱心を」と止める人がいなくなっているのが
問題です。
こういう改ざんが横行しているということは、日本が民主主義国家として落第、ということ
でもあるのです。
今のままでは、増税も労働法改定も問題外です。





財務省森友学園との国有地取引に関する決裁文書を改ざんしていた問題で、改ざん当時の同省理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)・前国税庁長官(60)について、国会で証人喚問が行われることが固まった。与野党幹部が14日、大筋で合意し、調整に入った。参院予算委員会で近く森友問題に関する集中審議を行った上で、正式に決める見通しだ。

 自民党二階俊博幹事長と野党第1党の立憲民主党福山哲郎幹事長が14日、電話で協議した。福山氏によると、二階氏は佐川氏の国会招致について「委員会の審議を経て必要があれば検討したい」と提案。うその証言をしたら偽証罪に問われる証人喚問かを福山氏が確認したところ、二階氏は「そうとってもらって結構だ」と答えたという。

 立憲など野党6党はその後、幹事長らが会談。早急に集中審議を実施し、証人喚問を議決するよう求めていくことで一致した。自民党幹部も14日、野党が審議に復帰し、佐川氏の国会招致が必要だと判断されれば証人喚問が行われるとの見通しを明らかにした。

 また、審議拒否を続けていた野党6党は国会正常化に向けて協議に入る考えを与党側に伝えた。来週にも佐川氏の証人喚問が実現するよう調整を急ぐ。今後の審議日程の協議に応じる方針。安倍晋三首相の妻昭恵氏証人喚問も、引き続き求めていく。

 一方、首相は野党6党が欠席した14日の参院予算委で、改ざんについて「私から文書の書き換えを指示したことは全くございません」と述べ、自身の関与を否定。財務省が12日に公表した調査結果について、首相は国有地売却をめぐって「書き換え前の文書を見ても、私や私の妻が関わっていないということは明らかだろうと思う」と述べた。

 また、改ざん前の文書に学園側から「安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人からは『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた」と伝えられたとの記載があったことについては、首相は「妻に確認した。そのようなことは申し上げていないということだった」と説明した。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27138009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-03-14 22:03 | 安倍ジャパン | Trackback