人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラク首相、「国内に駐留するアメリカ軍の数を削減すべき」

イラク首相は「これ以上、アメリカに世話にならないで結構」ということです。





  • イラクのアバディ首相
    イラクのアバディ首相

イラクのアバディ首相が、「イラク領内に駐留するアメリカ軍の数を削減する計画を立案した」と語りました。

ファールス通信によりますと、アバディ首相は16日金曜、アメリカのペンス副大統領と電話会談し、「アメリカの軍事顧問の数は、イラクの軍事・安全保障機関の警備を目的とした、技術、訓練の側面のみに限られる」と述べています。

また、「イラクの政情は、常に外国の内政干渉を阻止することを目的としている」とし、「イラクは、強力な軍事機関や軍隊を有しており、政府はその他の部門の強化を目指している」としました。

昨年末に、イラクにおけるテロ組織ISISの滅亡が宣言されたことで、イラクのメディアや要人、政党の多くはイラクでの有志連合軍の駐留の口実なくなったとし、主にアメリカ軍を初めとする外国軍のイラク撤退を求めています。

イラク議会も最近、同国政府に対し、有志連合軍のイラク撤退の段階的なスケジュールの決定を求めました。

複数の報告によれば、現在イラクにはおよそ9000人のアメリカ軍が駐留しているとされています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27143521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-03-17 21:22 | 国際情勢 | Trackback