人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

無人機は結局、民間人への「誤爆」を増やしただけ

無人機は結局、民間人への「誤爆」を増やしただけでした。
オバマ政権時代に既に無人機により殺害した人の9割がテロの犯人以外という
ことがありました。
無人機が普及した今はそれが酷くなったと言うことでしょう。







  • 民間人の犠牲者
    民間人の犠牲者

トランプ政権時代にアメリカが起こした対外戦争での民間人の犠牲者数が、異例の増加を示しています。

アメリカの新聞ワシントンポストは、「2017年は、イラクとシリアで最も多くの民間人の犠牲者が出ており、これらの国でのアメリカ主導の有志連合軍による昨年の攻撃で、6000人以上が死亡した」と報じました。

この統計は、2016年と比べて200%の増加を示しています。

この報告によりますと、イエメン、アフガニスタン、ソマリアといった国々での民間人の犠牲者を加えると、アメリカの対外戦争による民間人の犠牲者数はさらに増えるということです。

国際人権団体アムネスティインターナショナルはこれについて、メディアがこの問題に注目せず、アメリカ国内の政治的な衝突にかかりきりになっているとして批判しています。

この報告ではまた、「無人機の大規模な使用や、戦闘地域外への攻撃の増加は、これらの戦争における民間人の犠牲者を増やしただけだった」とされています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27147047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-03-19 20:19 | 国際情勢 | Trackback