人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

佐川宣寿先輩は公務員失格、広島県も浮つきぶりは情けない!

佐川宣寿先輩は公務員失格、広島県も浮つきぶりは情けない!

佐川宣寿先輩は同一大学同一学部の大先輩だ。昨日の証人喚問は本当に後輩として情けない思いだ。

思えば、本社社主は、県庁時代、以下のようなことを経験した。
青少年事業が市町村移管に伴い、廃止になった。
予算が40万円ほど余った。

こういうとき、文房具等を買って消化するものだ、と一番上の上司は言う。
だが、さとうは県民にお返しするのが筋だ、と強硬に主張。直属の上司がさとうの主張を援護してくれた。その結果、さとうの主張が通って、予算を県民にお返しすることになった。
最終的に「慣例」に囚われることなく、さとうの主張を援護してくれた直属の上司には感謝しているし、さとうの主張を入れてくれた一番上の上司にも感謝している。

佐川先輩は長官までなられた。しかし、残念ながら、さとうと比べてさえも、公務員としてのあるべき姿から外れている。

ところで、そんなことを考えていたら、広島県が、県民を公文書中で中傷した上、本人に開示を求められたら改ざんして公開するという事件が起きた。何と言うことだ!?情けないことだ。民間の介護事業所でそんな書き方をしたら、大問題である。

 知事が関与したという話ではない。しかし、事件発生当時、現知事になってから、ネットでの情報発信などは積極的になった一方で、(あくまで外部からの印象だが)浮ついた感じが気になってはいた。

 安倍政権は経産省主導。現知事も経産省ご出身。奇しくも共通している。行政全体に「表向き華やかなこと」を重視し、「基本」を軽視する空気が広がっていないか?本当にそれでいいのか?問いたい。

 県知事選挙は昨年11月にあったばかりだが、次回(2021年)へ向け、さとうとしても、県庁時代の経験、民間での介護経験両方を踏まえながら広島県の再建のためにも、出来ることがあればしていきたいと思う。現知事に対抗する陣営も演説で国政課題ばかりを訴えてしまった感はあり、その点は練り直しは必要だと思うが。
 ともかく、このままでは、あまりにも広島県が情けないと思う。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27163391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2018-03-28 19:04
タイトル : 「俺がいない間に、日本の行政とは、ここまでひどくなったの..
佐川宣寿先輩は公務員失格、広島県も浮つきぶりは情けない! 「俺がいない間に、日本の行政とは、ここまでひどくなったのか?」という情けない思いで一杯だ! 佐川宣寿証人のふざけた答弁。そして広島県の文書改ざん。 本社社主・さとうの役人時代(2000年~2011年)に比べても行政組織の自己修正能力が大幅に失われているのは間違いない。 さとうは、当時、「おかしい」と思ったことなら上司や他の部署にも率直に申し上げたし、当時の上司や他部署も最終的には受け入れてくれていた。 さとうが「余っ...... more
by hiroseto2004 | 2018-03-28 06:29 | 安倍ジャパン | Trackback(1)