人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[イラク日報問題]稲田元防衛大臣が「被害者」の訳がない

 自衛隊のイラク派兵の 日報隠ぺい問題で、いかにも「部下に騙された被害者」という演技をされている稲田元防衛大臣。
しかし、被害者の訳がありません。
部下に「日報は、ありません」と言われて(おそらく)「はい、そうですか」と答えた時点で大臣としてアウトです。
「すぐに探し出せ!」と怒らないといけない。
実際には稲田大臣は後で紹介する記事の通り、まじめに直属の部下に探すよう命令していません。

部下も大臣に忖度して、まともに探すような体制をとっていない。

何しろ同じ頃問題となっていたのが南スーダン某重大事件の日報問題。南スーダンの日報がない(実際はあった)はずなのにイラクの日報が出てきたら大臣と総理が困りますしね。


書類というのはそもそも、自衛隊員も含む役人が自分の身を守るために残すもので、「消滅する」などということは
絶対にといっていいほどあり得ません。
自衛隊側は、政権に忖度をして、イラク派兵の日報はない、ということにしたという可能性が高い。
なにしろ、自公政権の小泉純一郎総理は、「自衛隊がいるところが非戦闘地域」などという「迷答弁」をしました。
イラク派兵の実際が明らかになるのは、自公には都合がよくない。
戦前の言葉で言えば「政略出兵」、私に言わせれば「文民暴走」の中で、自衛隊も苦しかったと思う。

そして、稲田氏も 「まあ、出してこなくてもいいか。(出すなよ)」と思っていたなら、稲田氏も隠ぺいの共犯(共同共謀正犯)です。

他方で、稲田氏のことですから、完全に自衛隊員になめられていたために出してもらえなかった可能性も僅かにある。そして、本気で「日報がない」と信じていたなら、
あまりに無能過ぎる。シビリアンコントロールができていない。これはこれで危険すぎる。

ただ、どうやら稲田氏は口頭で指示を出しただけで最初から調査する気はなかったでしょうね。

文民暴走による自衛隊の派兵拡大。そして、そのつじつま合わせのための情報隠蔽を自衛隊側が忖度して実施し、
稲田防衛大臣(当時)、そして安倍総理もそれを是としたのは間違いないと思う。

文民暴走と、自衛隊側の忖度による情報隠蔽。非常に危険すぎる。
そんな状況での改憲など論外であるのはもちろんである。







 防衛省は7日、存在しないとしてきた自衛隊のイラク派遣の際の活動報告(日報)について、昨年2月に探索を求めた当時の稲田朋美防衛相の「指示」は口頭で、「本当にないのか」と疑問を投げかけるものだったことを明らかにした。統合幕僚監部の幹部は指示を防衛省・自衛隊全体に伝達しておらず、統幕は不適切だったと認めた。

【写真】統合幕僚監部参事官付が昨年2月22日に送ったメール

 陸上自衛隊が日報を把握しながら1年にわたり隠蔽(いんぺい)したとされる問題が、大臣の指示が明確だったのか、指示を受けた統幕が適切に伝達したかという問題にも発展した形だ。防衛省・自衛隊内の文民統制に対する認識も厳しく問われる。

 防衛省の説明によると、昨年2月22日に防衛省大臣室で、稲田氏が辰己昌良・統幕総括官(現・大臣官房審議官)に対し、「イラクの『日報』は本当にないのか」と口頭で探索を「指示」した。同日、辰己氏の部下である統幕参事官付が「RE:イラクの日報」との件名で統幕、陸空の幕僚監部の一部の部署の担当者あてにメールを送った。

 メールの内容はあいまいで、探索の指示を直接的に表現した文言はなく、質問調の文面。稲田氏が「ないのか」と述べたことを「指摘」としたうえで、「探索いただき無いことを確認いただいた組織・部署名を本メールに返信する形でご教示いただけますでしょうか」と記すにとどまっていた。メールを受け取った部署は、新たな探索結果ではなく、稲田氏の国会答弁以前に「ない」とした部署名などを答える内容を返信したという。その後の3月10日には、陸幕からも不存在の回答があった。

 辰己氏は「背広組」の文官で、統幕内では「制服組」の統幕長に次ぐ「ナンバー2」の一人。国会答弁にも立つほか、大臣の指示を自衛隊に伝える立場だった。辰己氏もメールを出した参事官付も、稲田氏の発言を「探索指示」と認識していた、と省内の調査には答えているという。

 防衛省では、昨年2月16日に野党議員の資料要求を受け、統幕と陸幕、空幕といった限られた部署で探索し、保管していないと回答。稲田氏は同20日の国会で「見つけることはできなかった」と答弁し、その2日後に辰己氏に「指示」をした。統幕はこの点について、稲田氏が「日報がないのか疑問に感じられたためではないか」としている。(藤原慎一、古城博隆)


     ◇

■稲田朋美防衛相(当時)の口頭指示

昨年2月22日、大臣室での答弁レクの際、稲田氏が辰己昌良・統合幕僚監部総括官(当時)に対して「イラクの『日報』は本当にないのか」と発言。

■昨年2月22日、統幕参事官付から統幕運用部運用第2課、陸上幕僚監部運用支援・情報部運用支援課および航空幕僚監部運用支援・情報部輸送室に対し、メール。

 「本日の大臣レクの際に、大臣より、『イラクの日報は本当にないのか?』」とのご指摘がありました。ついては、たびたび恐縮ですが、探索いただき無いことを確認(紙媒体・電磁的記録)いただいた組織・部署名を本メールに返信する形でご教示いただけますでしょうか。」
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27185153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-04-07 23:28 | 安倍ジャパン | Trackback