人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「働き方改革」もねつ造・隠蔽まみれ。撤回あるのみ

「働き方改革」もねつ造・隠蔽まみれ。撤回あるのみですね!





ねつ造・隠蔽で二重に根拠が崩壊

「働き方改革」法案 撤回を強く求める

志位委員長が表明

 日本共産党の志位和夫委員長は6日、国会内で記者会見し、政府が同日、「働き方改革」一括法案の閣議決定を強行したことについて問われ、「この法案は、裁量労働制の拡大をめぐるデータねつ造、野村不動産社員の過労自殺の隠蔽(いんぺい)によって二重に根拠が崩壊している」と指摘し、法案の撤回を強く求めると表明しました。

 志位氏は「政府はこれまで、『裁量労働制を拡大しても大丈夫だ』とする論拠として“裁量労働制では一般労働者より労働時間が短い”とのデータと、野村不動産への『特別指導』をあげてきたが、二つとも崩壊している」と指摘しました。

 法案からは裁量制拡大が削除されましたが、「残業代ゼロ制度」(高度プロフェッショナル制度)が盛り込まれています。志位氏は、「この期に及んで、根拠が崩壊した裁量労働制と同根で、過労死促進という点ではさらに危険な『高プロ』を持ち出すのは言語道断だ」と批判しました。

 その上で、日本共産党の対案として、「『残業は週15時間、月45時間、年360時間まで』とした大臣告示を法制化し、例外は認めないという残業規制をやるべきだ」と述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27185220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-04-07 23:58 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback