人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

平成とは日本がなすすべなく土俵を割った30年[備忘録]

平成とは日本がなすすべなく土俵を割った30年[備忘録]

平成最後の5月も終わりです。思えば平成とは日本がなすすべなく「先進国」としての土俵を割った30年です。

そして、今や、日本は外交面でも内政面でも時代遅れである。

外交面で言えば、冷戦後のアメリカ一人勝ち期も過ぎ、多極化に入っているのに相変わらずの冷戦思考。

内政面では、ガバナンスで言えば、三十年以上前の腐敗が横行していた時代に逆戻り。

経済政策で言えば、世界ではすでに失敗して、見直しが進んでいる水道民営化など二周、三周遅れの新自由主義。

少子高齢化に対応できず相変わらずの開発独裁(大手企業さえ良ければすべてよし的。)。
エネルギー政策では脱炭素、脱原発に乗り遅れ。相変わらずの原発輸出や石炭火力輸出。イギリスへの日立の原発輸出には暗雲も。

ジェンダー?
ノーパンしゃぶしゃぶから財務次官まで、二十年間進歩がねえや。

いろんな時代遅れがこれだけ積み重なれば、日本が先進国としての土俵を割るのも当たり前ですが。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27305704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-05-31 19:41 | 歴史 | Trackback