人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

新自由主義者への忖度は無用だ

今朝は、広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は昨日夕方に引き続き広島市安佐南区で街頭演説。
高プロを白紙撤回するとともに、この二十年間の規制緩和そのものを総括し強化するべき規制は強化しようと訴えました。
登校中の女子高校生が自転車を止めて複数、真剣に聞いてくださっていました。
やはり、きちんと訴えて良かったと思いました。
最近、野党共闘は良いのだが、その勢い余って小泉純一郎さんらに忖度する空気も一部にあります。小泉純一郎さんが脱原発の市民運動をされるのは結構なことですが、だからと言って、小泉純一郎さんらが労働の規制緩和を進めたことまで許すかのように彼を持ち上げるのもおかしい。分かりにくさを醸し出してしまう。
きちんと彼がやったことでも批判すべきは批判し、その上で我々として規制すべき規制は強化し、再分配を強化すべきは強化すべきと訴えるべきです。
なにしろ安倍自民党支持者のなかには「野党が自民党より新自由主義」と勘違いしている人も多い。左派やリベラルの小泉純一郎さんらに対する忖度は、そうした勘違いを増幅しかねません。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27312127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-06-04 13:18 | 思想・哲学 | Trackback