エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「米朝首脳会談中止を喜ぶ情けない安倍ジャパン」「嘘まみれの働き方改革法は白紙撤回」訴え

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月7日夕方は広島市安佐南区古市橋駅前、8日朝は中筋駅前で街頭演説。
トランプと金正恩の米朝首脳会談が一時期中止になったとき、祝賀ムードだった日本政府は「平和憲法を持つ国として終わっている」と指摘しました。
また、来週14日にも新たに「高プロ」を含む「働き方改革法案」を委員会採決しようとしていることを非難。
「野党に追及された直後にあわてて労働者からヒアリングした。アリバイつくりに過ぎない」
などと指摘。
「嘘まみれの法案は白紙。安倍総理は退場」
などと訴えました。
その上で
「安倍ジャパンやその法案を白紙にするだけでなく、この二十年間の労働規制緩和の流れを是正することが必要だ。」
「この二十年間、生産性は上がっているが給料は上がらないしGDPも上がらない。給料をあげたり、再分配を強化しいないために庶民の暮らしが悪化し、消費も低迷したからだ。株価も経済の実態の裏付けがないものになっている。」
「お金の使い方も総理のご友人の武器や原発企業のためではなく庶民の暮らしのために。」
などと力を込めました。


「働き方」法案では昨日も新たな嘘が発覚。
管理職を一般労働者扱いする虚偽データが発覚。まさに嘘まみれです。





トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27319136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-06-08 08:59 | 活動報告 | Trackback