エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「高プロは現代の勤労奉仕」「イスラエルなら安倍昭恵さんは起訴だ」

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月22日、広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説。
高プロの廃案を引き続き求めました。
この中でさとうしゅういちは、
「この二十年間の労働法破壊のなかで、実質賃金が低迷したことも、将来に若者が希望を持てず非婚・少子化が進んだ背景にある。また、今や優秀な労働者が日本よりも中国、韓国、マレーシアを目指すくらい日本人の給料は下がった。それにより人手不足になったのだが、反省もなく、【人々を定額で働かせ放題にしてやろう】というのが高プロだ。まるで第二次大戦末期の勤労奉仕のような話だ。人手不足になった原因への反省などどこにもなく展望もない。」
と批判。高プロ削除にとどまらず過去二十年間の規制緩和の流れを是正することが大事だと訴えました。
さらにイスラエル首相の妻・サラ・ネタニヤフ被疑者が違法に高級料理店の出前を取り続け、1090万円を国からだましとったとして在宅起訴されたことに言及。
「いま、逃げ回っている安倍昭恵さんも、イスラエルなら在宅起訴どころか逮捕されて起訴になってもおかしくない。」
「パレスチナ虐殺など極悪な国家であるイスラエルですら首相の妻にも検察はそんたくしない。日本は腐りきっている。」
と嘆き
「日本の腐敗ぶりは世界にも伝わり、外交で日本は軽く見られる一因になっている。膿を出しきることこそ外交の建て直しにもつながる。」
などと力を込めました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27354740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-06-22 20:06 | 活動報告 | Trackback