エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

岩国基地 の拡張・強化に反対する広 島県住民の会が広島市長に対策要請、市は歯切れ悪い回答

広島市の回答の始まりで、切り出した言葉が「岩国基地増強は、基本的に国家間の問題として、国民世論を踏まえ、国際の場で流諭されるべきものであると考えている」とのことでした。

日米両政府に求めたのが4項目、市に市民の安心安全を間持つ対応を求めたのが5項目。

全てに、「前向きに取り組む」回答はありませんでした。
平和都市広島の行政も住民を向かずに強者に忖度しています。


広 島市市長 松井 ―賞 様
2018年 6月26日
岩国基地 の拡張・強化に反対する広 島県住民の会
共 同 代 表 池 上 忍 菊間みどり 坂 本 千 尋 吉 田 正 裕
要請書
本年3月 末に米軍岩国基地 (岩 国市)へ の空母艦載機移転が完 了しました。ご承知のようにこの影響は甚大であり、当会にも「4機・5機の編隊飛行を目撃した」「JRの列車の音よりうるさしい」「戦争にな るのではないかと恐怖を感じた」「中区でも轟くのですね。びっくりしました。」「含同庁舎付近を飛ぶ戦闘機を目撃J「 元宇 品万面から広 島駅方 面に飛行するのを見た。こんな市街地を飛ぶ のかと驚いた」などの声が広 島市民からも多数寄せ られるようになりました。
このように、広島市市街地や原爆ドーム内近でも、爆音が轟く事態となつています。核兵器廃絶と世界恒久平和を目指す聖地ヒロシマにおいて、そのシンボルである平和記念公園の上空や周辺を米軍戦闘機が飛行し、米軍関係の事件や事故が発生するようなことは断じて許されるものではありません。私たちは、このまま市民の平和・安心・安全な暮らしが脅かされ続けることを許すことはできません。
よって、市民への負担のみが更に増大してしヽくことの無いように岩国基地強化・拡充を認めず、下記のことを進められるよう強く要請します。

◇次の 4点を日米両政府に求めてください
1、 岩国基地に配備された艦載機及び F35を全面撤去させること
2、 オスプレイの岩国基地拠点の訓練を中止させ並びに岩国基地への配備をさせないこと(広 島市内でも多数目撃情報あり)
3、 低空飛行及びフレア訓練等住民に不安を与えるような訓練をしないこと
4、 世界遺産原爆ドームや周辺を飛行しないこと
◇次の4点 を行うことによって、市が責任を持って市民の安心・安全を守る対応を充実すること
1、 岩国基地対策の専門部署を新設すること
2、 市民が目撃情報を連絡できることを周知すること
3、 市民から寄せられた情報を速やかに集約・公開すること
4、 監視カメラの設置や騒音測定器を設置すること
以 上

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27363389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-06-27 19:29 | 広島市政(広島市議会) | Trackback