エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

総理が「時短とも関係ない」「労働者のニーズもない」認めた高プロは撤回を  強行採決に抗議!



働き方大改悪法案=高プロ=過労死合法化&残業代踏み倒し法案が参院厚労委員会で強行
可決されました。

「労働者のニーズ」という立法事実がないことを安倍総理自身も26日の審議で自白したのなら、
高プロは撤回すべきです。
また、公明党の広島出身の代議士は、24日のNHK日曜討論で「欧州にも同様の制度はある」
とのたまいましたが、欧州の場合は伝統的に、専門職の集団(労働組合)が会社側と対等の
交渉力を持っています。パワハラが横行し、労働者が会社にものを言いにくい日本とは違います。
終盤には、二階幹事長の「子供を持たないのが幸せというのは身勝手」発言も飛び出しました。
過去の自民党の労働環境破壊も含む失政が、子どもを持つことに夢を持てない人、子育てと
仕事が両立しにくい状態を生んできたこと、そしてそれが今の人手不足を招いていることへの反省は全くみられません。
国民に責任を転嫁するものです。高プロも結局は自分たちの失政の結果としての人手不足を補うために給料は払わずに
国民をこき使おうという、国家総動員法的なにおいを感じます。いずれにせよ、国民に失政の責任を転嫁する人は
国民から給料をもらう資格はないでしょう。

本社社主も今週は仕事の合間を縫って、連日のように各地で高プロ撤回を求める街頭演説を繰り返しましたが、残念です。
e0094315_18070260.jpg
e0094315_18065647.jpg
e0094315_18014797.jpg
怒りをもって、今回の採決に抗議します。

正直、野党や市民派の力が森友・加計問題ほどには、この問題には行っていなかったようにも思います。
最終盤に国民民主党が採決に応じてしまったのも残念です。
高プロ阻止については、安保阻止や原発反対運動ほど盛り上がらなかったことは残念です。
安倍総理という男は、基本は憲法改悪にしか興味はないので、運動次第では譲歩を引き出すことも可能だったとも思います。

引き続き、高プロの撤回を求めるとともに、政権交代を通じ、過去二十数年間の「正社員の人には残業代をケチり、
非正社員の人は安く使い捨てる」方向で経団連と自民党が進めてきた「労働環境」の「改革」
という名の「破壊活動」を総括し、是正すべきは是正すべく、取り組んでまいります。

いずれにせよ、このままでは、総理の掲げる景気回復だの、介護や子育てと仕事の両立どころではなくなり、
大変なことになります。








参議院厚生労働委員会

働き方大改悪法案、採決強行!!!!!

満身の怒りをもって抗議します!!!!!




トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27365087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-06-28 20:20 | 安倍ジャパン | Trackback