エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本の今後は「三国志」「南北朝」を学べば大体推測できる【備忘録】

日本の今後は「三国志」「南北朝」を学べば大体推測できる【備忘録】

前漢=大日本帝国
後漢=日本国
董卓=安倍晋三
王允=安倍晋三を(政治的にも含む)「暗殺」する人。
人口減少社会=三国志の時代も今も同じ
反董卓連合軍=いまのままの市民連合・野党共闘?
三国志と南北朝のカオス=安倍晋三「暗殺」後にやってくる日本のカオス
前秦などの異民族王朝=中国、韓国、マレーシアの企業。いまや日本企業より給料高い。日本人経営のブラック企業から人材を奪っていく。

六朝文化(漢文化と北方異民族文化が融合。躍動)

今後の日本も、外国企業流入で文化が融合し新しい文化が花開く可能性もある。

既存の日本人が明治以来、アジアでトップだったというプライドは一旦捨て、むしろいろんなルーツの人がいたのが日本だと認めたら案外、日本は明るくなる可能性あり。

三国志の史実通り、市民連合=反董卓連合ではなく董卓暗殺=宮廷クーデターで政権が変わる可能性が今は大きいとは思う。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27410416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-07-14 05:32 | 歴史 | Trackback