人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本石油連盟会長、イランからの原油輸入の継続を求める/イラン議長「敵は脅迫や戦争によってイランと語ることはできない」

トランプのせいで中東では緊張が高まっています。
日本にも悪影響が及んでいます。
ここで、日本がイランからの輸入を停止したとしても、貿易戦争でアメリカが
勘弁してくれるかといえばそれは違うでしょう。そして、イランからも失望される。
安倍ジャパンはこれまでイランとの関係はそれなりに重視してきましたが、
瀬戸際になってきました。


日本石油連盟の月岡会長が、イランからの原油の輸入継続を求めました。

NHKが21日土曜、伝えたところによりますと、月岡会長は、「資源がない国の日本にとっては、多様な調達先としてイランからの原油は必要だ」と語りました。

さらに、例外として輸入を認めるよう、政府がアメリカと交渉を続けるよう求めました。

アメリカは、核合意から離脱した後、「イラン産原油を輸入する国々は、11月4日までに輸入をゼロにすべきであり、それ以外の場合には、アメリカの制裁の対象となる」としました。

アメリカ政府のイラン産原油の輸入国に対する発言は、国際貿易の規定への違反であり、世界の多くの国の反発を招きました。

これらの国は、イランとの経済協力を続けると発表しています。


イラン国会議長、「敵は脅迫や戦争によってイランと語ることはできない」

  • イランのラーリージャーニー国会議長
    イランのラーリージャーニー国会議長

イランのラーリージャーニー国会議長が、「イランのミサイルの進歩は、目覚しく価値があり、これにより敵は脅迫や戦争によってイランと語ることはできない」と語りました。

ラーリージャーニー議長は、22日日曜、テヘランで行われたイランの在外公館代表や大使との会合で、「イランは高い防衛力を有しており、この能力は、イランを守る要因となっている」と述べました。

また、「敵はイランに対する脅迫や戦争に効果がないことを知っている。このため、ミサイルに関しては協議せず、その飛距離について話し合いたいと考えている」としました。

イランの在外公館代表や大使との会合

さらに、地域問題とイラクとシリアでのテロとの戦いにおけるイランの決意に触れ、「イランがシリアとイラクのテロリストに与えた打撃により、イランでは安定が保たれている」と語りました。

ラーリージャーニー議長は、核開発の継続と、核技術の進歩に向けた動きは、ヨーロッパとの対話におけるイランの重要な要求とみなされているとして、「アメリカが核合意から離脱した後、EUはイランが核合意に残ることを求めているが、ヨーロッパはイランが核合意の中で自国の利益をあきらめることを期待すべきではない」と述べました。

また、シオニスト政権イスラエルの議会でユダヤ人国家に関する法案が可決されたことは、地域における新しい危険なゲームだとして、シオニスト政権は一部の地域諸国の混乱を利用し、テロ組織を大いに支援しているとしました。

さらに、一部のイランの近隣諸国との間での誤解が存在すると述べ、イランの近隣諸国は、イランの役割に関して誤解すべきではなく、この誤解はあらゆる手段で解く必要があるとしました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27425817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-07-23 16:38 | 国際情勢 | Trackback