エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

アメリカ有志連合自身も、シリアとイラクの民間人1059人を殺害したことを認める 2014年以降

アメリカ有志連合自身も、シリアとイラクの民間人1059人を殺害したことを認めました。

アメリカ有志連合軍の攻撃で、シリアとイラクの民間人1059名が死亡

  • アメリカ有志連合軍の攻撃で、シリアとイラクの民間人1059名が死亡

アメリカ主導による対ISIS有志連合軍が26日木曜、報告の中で、2014年からこれまでに、有志連合軍の攻撃により、シリアとイラクで民間人1059名が死亡したことを認めました。

先月公表された前回の報告書の中では、アメリカ有志連合軍は、シリアとイラクで民間人892名を殺害したことを認めていました。

イギリス・ロンドンに本拠地を置くNGOエアウォーズは、この有志連合軍の空爆により、民間人5千人以上が、シリアやイラクで死亡したしています。

アメリカは、繰り返し、テロとの戦いを理由に、シリアやイラクの民間人を攻撃しています。

アメリカ有志連合軍は、2014年8月からこれまでに、シリアとイラクで2万9千回以上の空爆を行っています。

アメリカ主導の対ISIS有志連合軍は、オバマ政権時代に、シリアとイラクに拠点を置くテロリストとの戦いを主張することで、結成されました。その一方で、公式報告によりますと、アメリカ、西側とアラブ諸国のアメリカの同盟国は、ISISなどのテロ組織を立ち上げ、資金や兵器の面で支援を行っているとされています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27452739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-07-27 22:02 | 国際情勢 | Trackback