エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

新聞よ、いい加減に「ボランティアが不足」じゃない、「国がだらしない」と書け

新聞よ、いい加減に「ボランティアが不足」じゃない、「国がだらしない」と書け

今次水害の「ボランティアが不足している」という報道がされている。

しかし、ボランティアは「無尽蔵」ではない。金と時間がかかる。熱中症で倒れた人も少なくない。少なくともこれ以上のボランティア依存は限界だろう。
そもそも、ボランティアとは、「自発的」という意味です。統制できるものではなく「不足」をうんぬんすることが実は誤りです。

もう、国が全面的に動き、大型補正予算を組み、自治体をバックアップし復旧作業をガンガンやっていくべき時期だ。プロの土建屋さんに儲けさせていいのだ。

はっきり言って素人のボランティアと比べたらプロの土建屋さん(無償ボランティアでやってくださっていたが)の手際のよいこと。重機だけでなく手作業もだ。(そもそもボランティアで土建屋さんより手際のよい人がいたら土建屋さんに転職したらいいだろう。)

人々の生活空間が早く復旧すれば、観光なども復活し経済も復興することにもつながる。もちろん、復旧予算のマクロ経済的波及効果もある。躊躇している場合ではない。

そもそも災害から国民を守ることもできない政府(government)など総辞職しかないだろう。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27453849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-07-28 17:14 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback