エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

広島市民が土石流にのまれ、町が水没しているときに、非常災害対策本部もつくらずに総裁選の会合を開いていたような男には投票しないで欲しい

備忘録。
自民党は決して支持しないし、石破さんを支持するわけでもない。
しかし、
「広島市民が土石流にのまれ、町が水没しているときに、非常災害対策本部もつくらずに総裁選の会合を開いていたような男には投票しないで欲しい!」
と広島の自民党員の皆様には申し上げています。
安倍晋三という名前は書いていけない。





9月の自民党総裁選をめぐり、立候補を正式表明する前から劣勢が伝わる石破茂元幹事長の陣営に活気が戻ってきた。竹下派(平成研究会、55人)の参院議員(21人)が石破氏支持に回る見通しとなったからだ。安倍晋三首相(党総裁)の優位は変わらないが、石破氏が一定の票を確保すれば、今回の総裁選で敗れても「ポスト安倍」の芽を残す可能性が出てくる。

 「どんなに批判されても言うべきことをきちんと言った政治家がこの国にはいた。一歩でも近づきたい」

 石破氏は28日、兵庫県豊岡市の斎藤隆夫記念館を訪問。斎藤の足跡をたどる展示を丹念に見学後、記者団にこう感想を漏らした。

 斎藤は昭和15年、帝国議会で満州事変後の軍部の政治介入を徹底批判した「反軍演説」などで知られる元衆院議員。同年に衆院を除名されたが、17年の衆院選で軍部の妨害をはねのけ、議員に返り咲いた。

 党内のさまざまな圧力にめげず、信念を貫けば圧倒的に不利な状況も打破できる-。自身の境遇を斎藤に重ね合わせ、反骨精神をアピールしてみせた。

 党内では、石破派(水月会、20人)以外で「石破氏支持」を公言する議員は数人にとどまっていた。今回の総裁選は国会議員票(405票)と党員らの投票を基に算出される党員票(405票)の計810票で争われるが、「石破氏の議員票は多くて30票程度」(党幹部)ともされた。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27454684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-07-29 07:30 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback