人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

広島市が豪雨で補正予算案

広島県(8月3日可決)も広島市もこのように、補正予算をすでに決めています。
災害現場では依然、人手が足りず、ボランティアが焦りの中で作業をしておられます。
そんな中、安倍総理は、昨日は小泉元総理らとゴルフ、そして、17日と21日の閣議もさぼる
予定です。






広島市の松井市長は17日に記者会見し、豪雨災害からの復旧を進めていくための補正予算案を公表しました。
一般会計の総額はおよそ158億円と災害関係では過去最大規模で、松井市長は3年以内に基本的な復旧工事の完了を目指す考えを示しました。

広島市の松井市長は17日の記者会見で豪雨災害からの復旧を進めていくための一般会計の総額でおよそ158億円の補正予算案を発表しました。
この中では道路や橋りょうなど178路線、468か所の復旧工事におよそ62億円、190の河川、あわせて815か所の復旧に57億円あまり、農地やため池などの復旧に31億円あまりが盛り込まれています。
市によりますと、補正予算案は災害関係では過去最大規模だということで、市は今月28日の臨時市議会に提案することにしています。
広島市ではすでに先月、豪雨災害に関連して民有地からの土砂の撤去費用などを盛り込んだ一般会計の総額で96億円あまりの補正予算を議会の議決を経ない専決処分で決めています。
松井市長は会見の中で「被害の大きかった地域の復興をめざし、地元の意見を聞きながら一日も早い地域の復旧に取り組んでいきたい」と述べ、3年以内に基本的な復旧工事の完了を目指す考えを示しました。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27505195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-08-17 21:48 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback