人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

核合意離脱で世界の基軸通貨国から退陣、トランプ・アメリカ

イラン核合意から離脱し「イランと取引する奴は制裁!」と拳を振り上げるトランプ・アメリカ。しかし、その結果は、イタリアを先頭に、ドルに頼らない決裁システムの追求となりました。ドルの地盤沈下を自らアメリカは仕掛けたとも言えますし、覇権国=基軸通貨国から自ら退場しようとしているようにも見えます。





ヨーロッパの高官が、イランとの貿易関係のために、SWIFT国際銀行間通信協会に似た決済システムを確立することについて見当していることを明らかにしました。

ロシアスプートニクによりますと、ヨーロッパの消息筋は、22日水曜夜、「EUは、核合意を維持するために、SWIFTに似たヨーロッパ独自の決済システムを確立すべきだとした、ドイツのマース外務大臣の見解について検討している」と語りました。

この消息筋は、この問題に関するEU諸国の反応について、「イランが核合意の利益を利できるよう、核合意の維持を目的にさまざまな措置が提案されており、これは現在、核合意の維持を保障する上で重要な役割を担っている」と述べました。

ドイツのマース外相は、21日火曜、核合意を維持し、イランに対するアメリカの制裁を回避するために、ヨーロッパ独自の決済システムを確立すべきだと提案しました。

アメリカのトランプ大統領は、5月8日、イランに対して根拠のない主張を繰り返し、アメリカ政府の核合意からの離脱と核関連の制裁の復活を明らかにしました。

この制裁の第一弾は今月7日から発動され、銀行に対する制裁を含む第二弾は、11月4日から発動されることになっています。

  • イランとイタリアの国旗
    イランとイタリアの国旗

イラン・イタリア合同商工会議所のプールファッラーフ会頭が、アメリカドルを使用しない両国の銀行関係が構築されたと発表しました。

メフル通信によりますと、プールファッラーフ会頭は、イラン商工会議所で声明を発し、幸いにも、ヨーロッパ諸国の政府は、アメリカが違法な形で核合意から離脱した後、イランとの関係を維持する決定を下したとして、「イタリアの経済活動の大半は、中小企業によるものであることから、イランとの関係構築に関する懸念はほとんど存在しない」と述べました。

また、「国際的な送金に関する問題が存在し、SWIFTのサービスも停止されている。このため、ドルを使わない形で、一部のイタリアの銀行や両替商による金融活動が行われている」としました。

ヨーロッパ諸国は、アメリカが違法に核合意からの離脱を宣言した後、この国際合意の維持を求め、イランに対しても、アメリカ抜きでこの合意を守るよう要請しました。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27514308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-08-23 18:10 | 国際情勢 | Trackback