エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

国際人権団体、サウジアラビアへの武器の輸出停止を要請

米英仏はサウジアラビアに武器を売るな!
サウジアラビアは空爆を止めろ!
イエメンの子どもに食料・医薬品を届ける邪魔をするな!






国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチが、アメリカ、フランス、イギリスに対し、サウジアラビアに対する兵器の輸出の即時停止を求めました。

カタールの衛星通信アルジャジーラによりますと、ヒューマンライツ・ウォッチは2日日曜、声明を発表し、先月9日にイエメン北部サアダ州で児童らを乗せたバスへの軍事攻撃を、歴然とした戦争犯罪だとし、サウジアラビアに兵器を売却している国々に対し、こうした戦争犯罪への加担について警告しました。

先月9日、サウジアラビア主導のアラブ連合軍の戦闘機が、イエメン・サアダ州で同国人の児童らを乗せたバスを攻撃し、これにより児童55人が死亡、他77人が負傷しました。

サウジアラビアは、2015年3月からアメリカの支持を得て、アラブ首長国連邦など複数のアラブ諸国と共にイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この攻撃により、1万4000人以上のイエメン人が死亡、数十万人が負傷し、また数百万人が難民となっています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27530162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-09-02 20:20 | 国際情勢 | Trackback