人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

「日本にタオル投入。」・・五輪より復旧・復興を!

「日本にタオル投入。」・・五輪より復旧・復興を!

「日本死ね」が一世を風靡したことがあったが、今の状況は「日本にタオル投入」ではないだろうか?

西日本大水害、そして阪神大震災以来の災害と関電社長に言わしめた第三室戸台風(21号)、北海道大震災。「国難」級の災害が三つも現在進行形だ。さらに、福島原発汚染水という時限爆弾も抱えている。

日本はボクシングでいえばタオル投入、TKO負けである。
とてもではないが、五輪を開ける状態ではない。(もちろん、辺野古などの新基地に土建屋さんらの人手を回している場合でもないし、安保法による海外派兵などの余裕も一切無いだろう)。

「ジョー!立て!」といわれてももう立てない。まずは、しっかり休養=復旧・復興だろう。

いま、死ぬまで殴り合うようなボクシングマンガのようなことはもう現実にはない。ヤバそうなら早々に「タオル投入・レフェリーストップTKO負け」にするのが格闘技の常識である。

「日本にタオル」。
そして、
「五輪より復旧・復興」である。

75年前、「日本はタオル投入TKO負け」をこれでもかこれでもかと渋って、大変なことになったのを忘れてはいけない。



by hiroseto2004 | 2018-09-07 17:58 | 北海道大震災2018 | Trackback