人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

無理は禁物、関空復旧

無理は禁物、関空復旧

関空は(JRと南海の共用)線路がいまだ水没しており、乗客の輸送がそもそも困難です。

関空の復旧を政府はせかしすぎです。安倍晋三候補の総裁選の得点にしよう、というのが見え見えです。

もちろん、きちんとした人手も含む資源を政府が担保した上で、安全を徹底して確認した上での復旧なら、例え総裁選の得点稼ぎであろうが、大いにやって良いでしょう。「やらない善よりやる偽善」だからです。

問題は、その条件が整っていないことです。

その場合は「偽善」どころか、「害悪」「災厄」を招きかねません。

ご承知の通り、関空の職員はただでさえ台風通過時に缶詰になるなどして疲弊しています。

復旧をせかしすぎれば、故障箇所の見落としなどに起因する思わぬ事故にもつながりかねません。

安全が最も徹底されなければならない航空事業において、せかしすぎは禁物です。

正直、多くの便は無理のない範囲で伊丹や神戸で引き受けるという線が当面は妥当でしょう。
さらにいえば、関空そのものが年間7センチもの地盤沈下が止まらないのです。そのことも頭に入れて、空港のあり方についてきちんと議論していくことが大事です。


無理せずがんばろう広島阪神北海道



 





 国内線に続き、8日に国際線も一部で運航が再開した関西国際空港。運営する関西エアポートの山谷佳之社長はこの日、1週間後をめどに閉鎖中の第1ターミナルを部分復旧させると自信を見せた。だが、運航を担う各航空会社は被災状況の確認や機材の点検に追われており、関係者は「明日の予定すら見通せない」と明かす。関空島に乗り入れる鉄道の線路も、被災から4日後の8日も水没したまま。空港島の本格復旧は見通せない状況だ。

全日空は同日、国際線の「再開1番機」を離陸させたが、この機体が別の空港から関空に到着したのは出発のわずか1時間前。運航の正式決定も前日の午後9時過ぎだった。

 同社は台風が通過した4日、航空機3機を水没したA滑走路に残していた。3機ともタイヤが浸水し、巻き上げられた海水がエンジン内に入った可能性があるため、現在も点検中だ。

 航空機をけん引するなどの特殊車両もほとんどが浸水した。特殊車両がある整備場は、浸水被害が出た第1ターミナルの貨物エリアにあり、整備士は清掃作業をしながら昼夜を問わず車両整備を続けている。同社の広報担当者は「空港の再開に遅れることなく、一日も早い復旧に努めたい」と話す。

 一方、鉄道部分を保有する新関西国際空港会社によると、関西空港駅につながる鉄道の線路が現在も、関空島内で約700メートルにわたり雨水で水没している。電車が道路の下を走る区間で、水量は約1万立方メートルあるという。普段はポンプで排水しているが、一気に雨水が流入した影響でポンプが故障した可能性が高い。6日からポンプ車で排水作業を続けている。作業完了まで数日かかるという。

 関西エアポートの山谷社長は「鉄道が動かないと乗客の大量輸送ができない。空港の本格復旧には鉄道再開が前提となる」と話している。【蒲原明佳、山崎征克、山下貴史】


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27541206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-09-09 19:45 | 2018台風21号(第三室戸台風) | Trackback