人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アメリカの石油情報関連サイトがアメリカの対イラン石油制裁に関して警告

アメリカがイランと取引する企業や国に「制裁!」と叫ぶ→制裁を避けるために
ドル使用を避ける企業や国が増える→ドルの下落 という構図が考えられますね。






アメリカの石油関連情報サイト、オイルプライスが、トランプ大統領の対イラン石油制裁は、ドルの為替相場が下落する要因になると警告を発しました。

オイルプライスは、記事の中で、アメリカ政府は今年11月上旬にイランの石油産業に制裁を行使するが、これは最終的に為替相場におけるドルの下落につながるとしました。

また、トランプ政権は明らかに、日々拡大するドルに対する脅威に関しての、様々な問題の責任者だとしました。

さらに、ヨーロッパの企業や政府は、対イラン制裁を支持していないとしました。

一方で、トランプ大統領は、11月の上旬までにイラン産の石油輸出をゼロにすると主張しています。

アメリカが一方的に核合意から離脱したことで、5月8日から、イランとヨーロッパは核合意を守るための話し合いを始めました。

ヨーロッパはこの協議で、アメリカの対イラン制裁に対抗する上での一連の保護政策を提案し、実施することを責務としています。


by hiroseto2004 | 2018-09-20 19:07 | 国際情勢 | Trackback