人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー

イスラエル軍機がロシア軍機の陰に隠れ、ロシア軍機がシリアの防空システムに撃墜される

19日、イスラエルがシリアを攻撃した際、シリアの防空システムが作動。
イスラエル軍機は、ロシア軍機の陰に隠れたため、ロシア軍機が撃墜されるという
事件が発生しています。
シリア上空は、いろいろな国の飛行機が飛び交い、一触即発です。





  • シリアのアサド大統領とロシアのプーチン大統領
    シリアのアサド大統領とロシアのプーチン大統領

シリアのアサド大統領が、ロシアのプーチン大統領へのメッセージの中で、シリア上空でのロシア軍機撃墜の責任は、シオニスト政権イスラエルにあるとしました。

アサド大統領は、19日水曜、プーチン大統領へのメッセージの中で、ロシア軍機の撃墜によって死亡したロシア軍兵士への哀悼の意を伝えました。

このメッセージでは、「今回の事件は、イスラエルの向こう見ずな行動の結果であり、彼らは常に、地域への侵略と悪しき目的の実現のために、最も卑しい手段を用いている」とされています。

ロシア軍機

ロシア国防省は、イスラエルのパイロットが、17日月曜夜、ロシア軍機を盾にして、シリア空軍の攻撃に晒したとしました。

ロシア国防省は、「ロシア軍機は、シオニスト政権のF16戦闘機によるラタキア攻撃と同時に、シリアの対空システムによって撃墜された」と強調しました。

シリア・ラタキアでのロシア軍機の撃墜を受け、ロシアのショイグ国防大臣は、18日火曜、シオニスト政権のリーベルマン戦争大臣と電話で会談し、この事件の責任はシオニスト政権にあるとしました。

ショイグ大臣はこの電話会談で、リーベルマン戦争大臣に対し、シリアにおけるシオニスト政権の行動は無責任なものだとしています。


by hiroseto2004 | 2018-09-22 14:07 | 国際情勢 | Trackback