人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【備忘録】行政のトップ「必要な現場公務員は必要だ」と発信することから逃げるな

【備忘録】行政のトップ「必要な現場公務員は必要だ」と発信することから逃げるな

今回の西日本大災害で明らかになったのは「現場で防災(復旧)を担う公務員不足」である。

業務委託や非正規化(派遣なども含む)をの拡大も弊害は大きい。正規公務員なら、有事には防災服に着替えて災害対応に当たらせることが出来るが、業務委託の業者や派遣職員にそれをやらせることはできない。

だから、安易な業務委託や非正規化は災害に弱くなる。
安定的に、人材を確保することが大事である。

2010年代初頭、まだ、リーマンショックの余韻も残り、失業も多かった時代には「公務員に天誅!」と叫ぶだけでバカ受けし、票が入った時代があった。

それを見てびびってしまった行政のトップも多かったと思う。

しかし、「責任を持って、ヒトを確保し、有事に対応する」ことを放り出してはいけないと思う。

ヒトを確保するには、それなりの待遇も用意する必要がある。非正規で済まそうとしても、若い人が激減した今、難しい。

業務委託で却ってコストが割高になった例もあるという、委託先の会社が儲けるためにどうしてもそうなる。そうなると、ますます、この間の「改革」とやらの大義はなくなる。
災害が起きてから慌てても遅い。現場に安定的にヒトを確保することの必要性について住民・国民にきちんと発信していくことも行政トップ(総理大臣、知事、市町村長)の仕事であろう。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27564714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-09-24 22:09 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback