エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「新基地より災害復旧」「広島から住まいに困る人のない社会を」

広島瀬戸内新聞は10月4日夕方、広島市役所前で街頭演説。
e0094315_20322322.jpg





沖縄県知事選挙の結果を受け
「国は札びらで無理矢理基地を押しつけるのはあきらめ、今は被災地復旧に全力を。工事屋さんもおまわりさんも復旧・復興に回ってもらおう。」
と要請。
さらに、広島市や県に対しても
「西日本大水害で家が壊れた人への上乗せ支援については、愛媛県を見習ってしてほしい。」
「そもそも、平和は戦争がないだけではなく家がなくて困っているひとがいないことでもある。平時から住まいを福祉・社会保障ととらえる社会を広島から。」
等と訴えました。
さらに、災害が国内外で続発している状況で
「広島に応援に来てもらった地域の皆さんには好感を持っている。台風21号の時は大阪から来た人は大丈夫だったかな、とか、北海道大震災では北海道から来た人、大丈夫かな、とか。災害の時のたすけあいを強化することが、平和にもつながると思う」
「災害超大国で災害対応のノウハウが蓄積され、平和憲法を持つ日本がその先頭に立つべきだ。インドネシア大震災では迷彩服で自衛隊が行ったが、これからは、オレンジの服の災害救助隊で行った方が救出活動にももっと役立つだろう。」
などと力を込めました。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27581123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-04 21:59 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback