エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2018年のノーベル平和賞が人権活動家2人に授与

  • ムラド氏(左)とムクウェゲ氏(右)
    ムラド氏(左)とムクウェゲ氏(右)

ノーベル賞委員会が、コンゴの医師ムクウェゲ氏と、テロ組織ISISの手から逃れた人権活動家ムラド氏の2人に今年のノーベル平和賞を授与しました。

イスナー通信によりますと、ノルウェー・ノーベル賞委員会は、5日金曜、331人の候補者の中から、性暴力に対する戦いなどにより、この2人にノーベル賞が授与されるとしました。

ムラド氏は、2016年9月から人身売買に関する国連親善大使をつとめています。

また、ムクウェゲ氏は第二次コンゴ戦争時から、国内の数千人の女性の暴行被害者を治療し、数多くの人権に関する賞を受賞しています。

昨年のノーベル平和賞は、核兵器廃絶国際キャンペーンに授与されました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27582594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-05 20:16 | 反核・平和 | Trackback