エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本の自衛隊の米比共同訓練への参加。イランでも大きく報道

日本の自衛隊の米比共同訓練への参加。イランでも大きく報道されました。





  • 自衛隊がフィリピン・ルソン島での共同訓練に参加
    自衛隊がフィリピン・ルソン島での共同訓練に参加

日本自衛隊が、第二次世界大戦後初めて、他国の領土で行われた共同訓練に参加しました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、自衛隊は、フィリピン・ルソン島で行われたアメリカとフィリピンの共同訓練に参加し、これは第二次世界大戦以来初のことになります。

この中で、自衛隊の少数による部隊は、6日土曜、フィリピンのスービック湾に上陸しました。

また、アメリカ軍やフィリピン軍とともに、海上での人道的な作戦と、テロリストからの地域奪還作戦のシミュレーションによる訓練を行いました。

憲法によれば、日本政府は対立の解消のための軍事力の行使を禁じられており、専守防衛のためにのみ自衛隊を動員する権利があります。

自衛隊の井上功樹三等陸佐は、この共同訓練の中で、この目的は作戦能力の強化であり、また危機的な状況の中での人道的な作戦や救援活動を訓練することのできる良い機会だとして、自衛隊はこの中で戦闘訓練には関わっていないと語りました。

アメリカとフィリピンの共同訓練は、昨年から行われています。

この訓練の原則は、テロ対策と予期しない出来事への対応とされています。

今回の共同訓練は、11日木曜まで、南シナ海の海上で行われる予定です。

日本とフィリピンは、中国とそれぞれ東シナ海と南シナ海の領土問題を抱えて対立しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27585346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-07 19:17 | 国際情勢 | Trackback