エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

T・スウィフトさん、民主党支持を表明 トランプ氏「25%くらい好きじゃなくなった」

「政治をタブーにしない」というアメリカの良い部分を体現していると思います。
「私たちの多くは、あらゆる争点で100%賛成できる候補者や党を見つけることなど決してできないかもしれない。それでも投票はしなくてはいけない」
これも大事ですね。






【AFP=時事】(更新)米人気ポップ歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)さん(28)が、フォロワー数1億1200万人を誇るインスタグラム(Instagram)上で、来月行われる中間選挙を前に地元テネシー州の民主党候補らへの支持を表明し、ファンらにも投票に行くよう呼び掛けた。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領はこれを受けて、「テイラーの音楽が25%くらい好きじゃなくなったかな」とぼやいた。

【特集】海外女性セレブのビフォーアフター T・スウィフト

 政治的発言とはほぼ無縁とみなされてきたスウィフトさんは今回の長文投稿で、これまでは政治的な意見を公にすることに「消極的」だったものの、考えが変わったとつづった。テネシー州で民主党候補の対立候補となる共和党の現職下院議員マーシャ・ブラックバーン(Marsha Blackburn)氏に対する厳しい批判を展開した。

 スウィフトさんは「私はこれまでと同様今後もずっと、できるだけ女性候補に投票し続けたい、それでもマーシャ・ブラックバーン氏は支持できない。彼女の議会での投票記録にはがくぜんとし、恐怖を感じる」と非難。

 その理由として、「同氏は男女同一賃金に反対した。ドメスティックバイオレンス(DV)やストーカー行為、デートレイプからの女性の保護を目指す、女性に対する暴力防止法の再授権法案にも反対した」と指摘した。

 さらに「企業には、同性愛カップルへのサービスを拒否する権利があると同氏は信じている。同性愛カップルは結婚する権利を持つべきではないとも信じている」と、スウィフトさんは書いている。

「これらは私が抱いているテネシーの価値観ではない。私は上院ではフィル・ブレデセン(Phil Bredesen)氏に、下院ではジム・クーパー(Jim Cooper)氏に投票する」と支持を表明した。

 そして「私たちの多くは、あらゆる争点で100%賛成できる候補者や党を見つけることなど決してできないかもしれない。それでも投票はしなくてはいけない」と語り、ファンらに対し有権者登録を促した。

■テイラーファンのトランプ氏はがっかり?

 トランプ氏はホワイトハウス(White House)で記者団からスウィフトさんの件について尋ねられると、スウィフトさんは「ブラックバーン氏について何も知らない」に決まっていると回答。「これでテイラーの音楽は25%くらい好きじゃなくなったかな」とおどけてみせた。

 トランプ氏はかねてちょっとした「スウィフティー(テイラーファン)」として知られており、2012年10月にはスウィフトさんがグラミー賞(Grammy Awards)のイベントのホスト役を務めるとの知らせに「テイラー最高!」と興奮気味にツイートしていた。【翻訳編集】 AFPBB News
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27588855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-09 19:18 | 国際情勢 | Trackback