エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「貴乃花」を嘲笑することもわたしには出来ない【備忘録】

「貴乃花」を嘲笑することもわたしには出来ない【備忘録】

貴乃花=花田光司さんが「全国を回る」というが、ほぼ間違いなく参院選自民党全国比例で出るだろう。「出る」と明言したら報道されにくくなるから明言していないだけで、事実上の選挙運動に突入した。

相撲協会主流派(白鵬、八角、春日野)の腐敗に憤る左翼の方で花田光司さんに期待していた人も一部におられたが、残念ながらこういう結果だ。

わたしはそもそも、花田光司さんが「日本国体を担う相撲道」などと発言されていたので、そうなる(自民から立候補)だろうとは思っていた。

正直、「志のある革新的な若手」が、多数派に虐められる中で、「妙な方向」に向かうというのは、わたし自身、イヤと言うほど見てきた。






たとえば、反貧困運動に熱心だった大学生や非正規労働者の方が、「非正規労働者に冷たい連合=民主党(当時)」に憤る勢い余って、おおさか維新に走ってしまったという過程を目撃したことがある。

ただ、彼らは、そのまま、おおさか維新と一緒に、安倍自民に接近し、いまでは、ほぼ安倍自民と変らない政治見解であると伝え聞く。

自民党こそが、非正規労働者を増やし、差別を固定化してきたのに、おおさか維新を介して安倍ゴリゴリ支持に回収されてしまった。

「非正規社員が増えたのだからセーフティネットの企業主義を止めるべき。雇用形態や勤務先企業に左右されず、社会保障や住宅、教育などに困らない日本を!」という趣旨の彼らの当初の主張はわたしも共有していた。彼ら独自でのイベントも主催され、それなりに「光るもの」があったと思う。

それだけに、既存労組なり野党への失望の勢い余って、最終的には安倍支持へ、というのは残念だ。

それは、相撲協会主流派(白鵬、八角)らから孤立した挙げ句、迷走した貴乃花に似ている、と思った。

「志のある若手」が、「いじめ」への「反応」として「妙な方向で暴走」という危険性はどこにでもあると思う。
花田光司さんをまったく支持はしないが、花田光司さんのことを他人事だと片付けて嘲笑することもわたしには出来ない。
どうすれば、そうしたことをできる限り防げるのか。そんなことを思った。


追記:敢えていえば、元益荒雄とか元寺尾とかは、たぶん、「近代化(合理性)」という文脈での改革をやりたかったのかなあ、と推測できますね。

特に益荒雄=阿武松さんは自分自身が現役時代怪我で苦しんだことから、近代的なものを取り入れた指導を実践しておられる。

で、途中まで貴乃花についていったけど、貴乃花が変な方(皇道派っぽい方向)に突っ走ってびっくり、ハシゴを外された感半端ない、という感じなのかな、と思います。

追記2:杉田水脈議員も、ある種の「貴乃花」状態だったと推測しています。

若いときに西宮市役所に勤務されていた杉田議員。

「同僚がサボっていて市民のために仕事をしていなくて怪しからんと思っていた」という趣旨のことを、わたしも機会があって杉田議員(当時はみんなの党)と酒席を共にしたときに直接彼女からから伺っています。その勢い余って、「公務員(労組)に天誅!」に走り、さらに、票を取るために、歴史修正主義者にも過剰に適応してしまっったのではないか?杉田議員も「西宮市役所版貴乃花」だと思います。

ある種の「貴乃花」現象(既存物に天誅!の勢い余って妙な方向に暴走)が50代前半~団塊ジュニアくらいの「志ある人」に伝染しているのは憂えるべきだし、日本の闇でもあるし「崩壊の時代」の象徴でもあると思います。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27588961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2018-10-10 21:37
タイトル : 【備忘録】「志ある若手」が「ムラ社会・既存組織に天誅!」..
「貴乃花」を嘲笑することもわたしには出来ない【備忘録】【備忘録】「志ある若手」が「ムラ社会・既存組織に天誅!」の勢い余って更なるダークサイドに堕ちる(貴乃花化)問題をどうソフトランディングするか「志ある若手」が、「ムラ社会」なり、「既存組織」の不寛容さ、前近代ぶりに憤るのは当然の理です。正直、今の日本って「不寛容社会」と言う表現がぴったりです。昭和後期と比べても平成末期の現在の日本には「過去の栄光」に拘る気風が蔓延しており、哲学的に言えば、今の日本は、昭和後期(手放しで賞賛は出来ないが)と比べても、...... more
by hiroseto2004 | 2018-10-09 20:21 | 思想・哲学 | Trackback(1)