エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カショギさん暗殺、国境なき記者団が独立機関による捜査要求

トルコのサウジアラビア(皇太子・ムハンマド被疑者)総領事館でジャマル・カショギさんが暗殺されたと見られる事件。「国境なき記者団」が独立機関による捜査を要求しました。当然ですね!

追記。
逮捕容疑も示さないで逮捕。戦前の日本なら「治安維持法違反」、現在の独裁国家なら「国家反逆罪」とか示すものですが、それすらない。さすがは「絶対王制国家・サウジアラビア」ですね!






NGO・国境なき記者団が、サウジアラビアのジャーナリスト15人が拘束されていると伝えました。

フランス通信によりますと、サウジアラビアの体制を批判するジャーナリスト・カショギ氏の失踪事件を受けて、国境なき記者団は、11日木曜、2017年にサウジアラビアのジャーナリストやブロガー15人が逮捕されたと伝えました。

また、拘束のほとんどのケースは公的には認められておらず、どの公的機関の関係者も、これまで、これらのジャーナリストがどこに拘留されているか、その容疑は何なのかということを語っていないとしました。

一方で、EUも、11日、声明を発し、カショギ氏の事件に関する真相の究明を求めました。

カショギ氏はトルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館に入った後、失踪しました。

一方で、カショギ氏の遺体が切断された形で発見され、遺体には拷問の痕跡があったと伝えられています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27593235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-12 17:57 | 事故・災害・事件 | Trackback