人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

アラブ・ジャーナリスト連盟、カショギ氏殺害の実行犯の処罰を要請

アラブ・ジャーナリスト連盟もカショギ暗殺の実行犯の処罰を求めました。






アラブ・ジャーナリスト連盟が、声明を発表し、サウジアラビアの反政府ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏を殺害した実行犯の処罰を求めました。

レバノンのニュースサイト、エルナシュラによりますと、アラブ・ジャーナリスト連盟は、14日日曜、声明を発表し、「アラブ世界のジャーナリストは、サウジアラビアの反政府ジャーナリストで市民活動家のカショギ氏殺害事件の捜査の行方を追っている」としました。

この声明では、「サウジアラビアの反政府ジャーナリストの殺害を非難すると共に、この犯罪の実行犯の処罰を求める」とされています。

さらに、カショギ氏の行方を巡る事実を隠蔽するための努力に触れ、「カショギ氏の殺害を捜査する関係者は、可能な限り早く、この事件の真相を明らかにすべきだ」としました。

ジャマル・カショギ氏は、サウジアラビアの反政府ジャーナリストで、サウジアラビアとシオニスト政権イスラエルの関係に反対しており、今月2日、トルコのイスタンブールにあるサウジアラビア領事館に入った後に行方が分からなくなりました。

その後、一部メディアは、カショギ氏の切断された遺体が発見されたと伝えました。


by hiroseto2004 | 2018-10-16 21:01 | 国際情勢 | Trackback