人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アメリカメディアが、科学技術の発展でイランをイスラエルより高く評価

イランで興味深いのは理系に女性が多いことです。
この写真はイランの科学技術の現場を良く現していると思います。




アメリカのメディアが、様々な分野におけるイランの科学技術の発展に触れ、シオニスト政権イスラエルは、その主張にもかかわらず、科学技術の発展において、イランのライバルとはなり得ないとしました。

アメリカの情報サイト、アルモニターは、「イスラエルのネタニヤフ首相は、今月15日、今期国会の開会式で、自身の任期中の10の驚くべき事柄について語った。しかし、この10の驚くべき事柄は取り立てて語るべきものなのかという疑問が残る」としました。

また、最大規模の引用文献データベース、スコーパスの統計を引用し、学術研究の生産に関して、シオニスト政権は地域における優位性をイランに譲ることになったとしています。

さらに、「イスラエルが科学技術分野で衰退し、トルコやサウジアラビアより下位となった一方で、イランは、特に生命科学、遺伝子学、環境学、分子生物学において、イスラエルよりも進んでおり、地域で首位となっている」としました。

アルモニターは、シオニスト政権は化学工学の分野における地位を喪失し、化学、計算機工学においてもイランやカタールよりも下位だとしました。

また、シオニスト政権は、識字率に関しても危機に瀕しており、その就学率はパレスチナの若者の就学率よりも低いとしました。


by hiroseto2004 | 2018-10-22 19:30 | 国際情勢 | Trackback