人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

フランスMEDEF会長、ヨーロッパのアメリカへの対応を批判、「なぜイランは制裁を受け、サウジアラビアは受けないのか」

  • MEDEFのGeoffroy Roux de Bézieux会長
    MEDEFのGeoffroy Roux de Bézieux会長

フランスの経営者組織MEDEFのGeoffroy Roux de Bézieux会長が、アメリカに対するヨーロッパの消極的な対応を批判するとともに、「なぜイランは制裁を受け、サウジアラビアは受けないのか」と語りました。

ラジオ・フランス・アンテルナショナルによりますと、Roux de Bézieux会長は、25日木曜、ヨーロッパはアメリカに対して独立した行動を取るべきだとして、「アメリカはヨーロッパの企業を制裁する上で、どのような権利を持っているのか」としました。

また、「イランでは民主主義が定着しており、サウジアラビアなどのような国よりも女性の権利を尊重しているが、なぜヨーロッパ企業はイランとの貿易関係を断絶し、代わりにサウジアラビアと数十億ドルの契約をしているのか」と強調しました。

これ以前にも、フランスのルメール財務大臣は、アメリカはヨーロッパのイランとの協力について決定を下すことはできないとして、「アメリカの対イラン制裁は、ヨーロッパが独立した金融機関を設立する上での機会だ」と述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27616430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-26 20:02 | 国際情勢 | Trackback