人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イギリス反戦活動家、「イギリスはサウジアラビアの犯罪に加担している」

フランス大統領が、サウジへの武器売却停止に反対

フランスもイギリスも、武器ビジネスの利益は手放したくない。
この欺瞞的な姿勢が明らかです。

  • イギリスによるサウジアラビアへの武器供与
    イギリスによるサウジアラビアへの武器供与

イギリスの反戦活動家が、イギリス政府はサウジアラビアへの武器供与により、イエメン戦争でサウジアラビアの犯罪に加担しているとしました。

イギリスのNGO「武器貿易に反対するキャンペーン運動」のアンドリュー・スミス代表は、27日土曜、イルナー通信とのインタビューで、サウジアラビアの体制批判的なジャーナリスト、カショギ氏の殺害事件について触れ、「サウジアラビア総領事館で起きた犯罪は、サウジアラビアが長年関与してきた数多くの犯罪の一例だ」と語りました。

アンドリュー・スミス代表

スミス代表はまた、イエメンにおける大規模な破壊と人道危機について触れ、「現在カショギ氏の事件について憤慨している政府関係者は、長年サウジアラビアとの武器取引を支持してきた人物だ」と語りました。

さらに、これに関するイギリス政府の反応は完全に欺瞞的だとし、彼らはカショギ氏殺害事件を非難する一方で、武器を売買し、サウジアラビアの犯罪行為を助けていると述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27617975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-27 20:18 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback