人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

高市国会改悪案、事実上撤回

問題はそれだけではない。高市案は国会を事実上内閣の下請けにしてしまうような案(内閣提出法案を優先する)だったからです。




衆院議運委の理事会に臨む高市委員長(奥右端、29日午前)=共同

衆院議運委の理事会に臨む高市委員長(奥右端、29日午前)=共同

衆院議院運営委員会の高市早苗委員長は29日の理事会で、ペーパーレス化推進などの国会改革試案を事実上撤回した。議運委で協議せずに委員長名で改革案を作成したことに、野党が「のりを越えている」と反発したためだ。理事会が紛糾した結果、午後1時予定だった同日の衆院本会議は開会が45分間遅れた。

事実上撤回したのは24日付で「議運委員長として実現をめざす事柄」と銘打った改革案だ。ペーパーレス化や衆院本会議での「押しボタン式投票」の導入を盛り込み、費用についても「財務次官・主計局長と交渉し、了解済み」と明記していた。野党の批判を受け、日付や議運委員長の肩書を削除して高市氏個人の提案とした。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27620924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-10-29 17:00 | 安倍ジャパン | Trackback