人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

サウジアラビアの悪逆非道がようやく天下に知れてきた

e0094315_16112970.jpg

サウジアラビアの悪逆非道がようやく天下に知れてきた

本社社主もこれまでも時々、街頭演説の一部を割いて「サウジアラビア皇太子・ムハンマド容疑者によるイエメン侵略戦争」を糾弾してきた。しかし、他の問題と比べても「イエメン?何それ?」という反応だった。
しかし、最近では、「ジャマル・カショギ」の写真を掲げていると「なんだ、なんだ」という感じで覗いていかれる人が明らかに激増した。「サウジアラビアの悪逆非道」を多くの人が認識してくださるようになった証拠だ。

サウジアラビアというのは「サウード家のアラビア」という意味で、国土も国民も国王・サルマン被疑者や皇太子・ムハンマド被疑者が煮て食おうが焼いて食おうがかまわないのだ。

「朝鮮民主主義人民共和国」の場合は、まだ、「国名通りに民主主義を実践しろよ」という突っ込みを入れるレベルだ。
日本の安倍政権もだいぶ酷いが、それでも選挙で政権交代すれば良いだけの話だ。
しかし、サウジアラビアの場合はハッキリ言おう、現代世界に存在してはいけない無法国家なのだ。
立憲君主制にするにしても「サウジ」を取り除いて、「アラビア」に国名を変えるべきだろう。

そんなサウジアラビアを甘やかしてきたのが、米英仏だ。とにかく、サウジがイエメンで戦争し、子どもや女性を殺せば殺すほど、サウジがほぼ無制限に武器を買ってくれる。サウジアラビアの軍事費は世界第四位で、非核保有国ではダントツだ。ロシアもじつはサウジをあんまり批判していないどころか、プーチンがムハンマド被疑者と親しくサッカー観戦したりしている。

ジャマル・カショギ暗殺で、独仏英はようやくサウジ非難に転じた。だが、フランス大統領のマクロンは、「サウジへの武器輸出は止める気がない」という。これでは、サウジアラビアはつけあがるばかりだ。

そして、このたび、アメリカ・NYのハドソン川(東京で言えば隅田川に相当?)でサウジアラビア人姉妹の変死体が発見。同姉妹はアメリカへの亡命を希望していたが、サウジアラビア政府(ムハンマド被疑者)から警告を受けていたという。

これ以上、無法国家を許してはいけないだろう。いくら、米英仏から武器を買ってくれるからと言ってサウード家・ムハンマド被疑者を甘やかしていたら大変なことになる。

米英仏は反省し、せめて武器の禁輸からでも実行すべきだ。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27627574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-11-02 16:12 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback