エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍瓶三こと晋三さん曰く「介護をしながら働ける人が55万人増えた」

安倍瓶三こと晋三さん曰く「介護をしながら働ける人が55万人増えた」(長妻昭議員への答弁)

実際には、「介護をしながら【働かなければならなくなった】人達が55万人増えた」と言うべきでしょう。
まさに、綱渡りの生活を余儀なくされている人が55万人増えたわけです。介護離職「予備軍」です。

実際、介護現場で、そういう人を拝見することが、わたしも多くなりました。
意外とお見かけするのが、60代くらいの夫が働きながら病に倒れた妻を介護しているケースです。広島県の場合は何故か、特に女性の平均寿命ー健康寿命=(要介護期間)が全国でも長いので、こういうケースは意外と多くなります。
しかし、施設に入れるにしても、費用が掛かる。そうなると仕事を辞める=収入を減らすわけにもいかないわけです。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27654535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-11-06 20:05 | 安倍ジャパン | Trackback