人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イスラエルが、サウジ人記者殺害に関してサウジと協力

  • ムハンマド皇太子とネタニヤフ首相
    ムハンマド皇太子とネタニヤフ首相

シオニスト政権イスラエルのある諜報企業が、サウジ人反体制派記者ジャマル・カショギ氏の通話記録を追跡するなどして、同氏殺害に協力していたことが明らかになりました。

アメリカの新聞ニューヨークタイムズによりますと、サウジアラビアの反体制派活動家Omar Abdulaziz氏は、「イスラエル系のソフトウェア・サイバー監視企業NSOが、カショギ氏の携帯電話での通話を傍受し、同氏殺害に関してサウジ政府を支援していた」と語りました。

この報道ではまた、カナダ・トロント在住のAbdulaziz氏が裁判所にNSOを相手とする訴訟を起こしたとされています。

さらに、「こうした事実の発覚により、サウジアラビアがイスラエルと広範な関係を持っていることがより明らかになった」と伝えています。

ジャマル・カショギ氏は今年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館に入ったまま行方不明となりました。

その後、複数のニュース報道源が、「カショギ氏は、サウジアラビアのムハンマド皇太子の直接の命令により、総領事館内で殺害された」と報じています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27699248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-12-05 22:07 | ジャマル・カショギ記者惨殺事件 | Trackback