人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

官僚政治vs田舎政治、開発独裁vs新自由主義という選択肢しかないように見えるポストモダン日本の不幸

官僚政治vs田舎政治、開発独裁vs新自由主義という選択肢しかないように見えるポストモダン日本の不幸

ポストモダン=ほぼ平成=の日本では、
開発独裁vs新自由主義
という選択肢しかないように思わすよう、政府もマスコミも仕向けてきたといわざるを得ない。

 特に小泉政権時代を中心にその前後の時代、古い自民党政治を打破するには、新自由主義=当時は構造改革と言われた=しかない!と叫ばれてきた。

 だが、ご承知の通り、その結果は、貧困の拡大である。世界的に見ても、一旦民営化された水道が公営化されたりするなど、新自由主義グローバリズムは評判が悪くなっている。しかし、安倍総理は、周回遅れの新自由主義を進める一方で、旧来の開発独裁の遺物のような原発推進などもやっている。最悪のハイブリッドである。

さらに、ポストモダンの後期(ポスト小泉政権)になってくると、官僚政治が標的となった。

しかし、いわゆる「官僚政治」を倒して、「官邸主導」にして出てきたのは、安倍総理らの一派による、国政レベルへの「田舎政治」の持ち込みである。森友・加計学園問題にせよ、あるいは、拙速すぎる出入国管理法改定にせよ、「お友達案件」だ。小さな市町村の首長や議長が、お友達の依頼で口利きをする。それこそ、江戸時代の悪代官レベルの話である。「田舎政治を国政に持ち込んだ」安倍政治よりは、逆に官僚がマシに見えてしまう人もリベラル勢の中にも少なくない。

 ただ、気をつけなければいけないのは、そもそも官僚こそ、民主党政権の時に進歩を妨害した連中でもあるということだ。民主党政権の時には、外務官僚はオバマの広島訪問を妨害したり、辺野古問題でアメリカの圧力をねつ造したりしていることが明らかになっている。

 官僚が「進歩を恐れて民主党の脚を引っ張った」のも間違いない。その結果安倍政権になったのも間違いない。

 そして、民主党の進めた「政治主導」だけが、安倍政権に悪用され、田舎政治のような構造が国政に持ち込まれてしまったのだ。日本は近代からポストモダンへ進むどころか、一挙に前近代に逆戻りしてしまった。

・行政を民主的なコントロールの元に置く。
・資本(大手企業)に対して民主的なルールを守っていただく。

こうした方向で進んでいかなければならない。ならないのだが、そこまで行くには、正直、いくつもの壁を乗り越えないといけない。いけないが、挫折してはいけないのだ。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27846589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-01-08 19:49 | 思想・哲学 | Trackback