エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

国連、「飢餓がイエメン人2400万人の生命を脅かす」

和平交渉は始まったばかり。一日も早く子どもたちに食料や医薬品を!





2019年01月10日21時48分
  • 国連、「飢餓がイエメン人2400万人の生命を脅かす」
    国連、「飢餓がイエメン人2400万人の生命を脅かす」

国連のローコック事務次長が、「現在、イエメンでは2400万人が飢餓に脅かされている」と語りました。

IRIB通信によりますと、ローコック次長は9日水曜、イエメンに関する安保理会合において、同国の状況を悲惨なものとし、「イエメンは、世界最悪の人道上の危機に瀕している」と述べています。

また、イエメンの首都サヌアの国際空港が閉鎖されていることに触れ、「サヌア空港の閉鎖により、数千人のイエメン人患者が、治療や服薬によるケアを受けられなくなっている」としました。

国連のローコック事務次長

国連のグリフィス・イエメン問題担当特使もこの会合で、サヌア空港の閉鎖は遺憾だとし、「飢餓と疾病が、イエメン市民の多くの生命を脅かしている」と語っています。

サウジアラビア主導のアラブ連合軍は、2015年3月のイエメン攻撃の開始当初から、同国の領空を封鎖し、サヌア国際空港の活動を妨害しています。

サウジアラビアは、アメリカやアラブ首長国連邦などの支援を得て、2015年3月からイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この戦争で、イエメンではこれまでに1万4000人以上の市民が死亡、数万人が負傷したほか、数百万人が住む家を失っており、食糧や医薬品の深刻な不足の事態が発生しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27913095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-01-12 09:27 | 国際情勢 | Trackback