人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は2019年1月23日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
2月10日(日)13時半から安佐南区緑井の佐東公民館で行われる「コスタリカの奇跡」上映会(主催:広島3区市民連合)のご案内をまず行いました。
「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている_e0094315_23521718.jpg


「日本でそのまま当てはめられるかどうかは別としても参考にすべき所は多い。
日本もトランプさんから武器を買いまくるよりも緊張緩和・軍縮・軍備管理など外交で安全保障を図っていくべきだろう。
また、日本の裁判所が、行政の味方ばかりするのに対して、コスタリカの
裁判所は、イラク戦争を支持した政府の判断にストップを掛けるなど機能している。
そういうところも含めて大いに参考にしたい。ご一緒に映像を拝見し、
考えたい。」
と呼びかけました。
続いて、総理について
「外交の安倍と言うが、昨日の首脳会談でも結局
成果はなかった。そして、内政がぼろぼろだ」
と指摘。厚労省の統計改ざんに言及。
「賃金が大幅に上がったと宣伝していたが、単に母集団が変った(賃金が高い
東京の企業の割合が増えた)だけだった。だいたい、本当に景気が良いのなら、
(昨年実施の)生活保護の切り下げとか、あり得ないだろう。政府のやっていることは大本営発表だ。こんな状況での消費増税は論外だ。」
「増税をするなら大金持ちや大手企業に公正に負担頂くべきだ。
様々な租税特別措置を廃止・整理していく方が先だ。」
などと力を込めました。
そして、広島市長に対しても
「核兵器廃絶の問題で以前よりも国に対してモノを言わなくなった。
また、大水害でも、国の制度から一歩踏み出し、自治体独自(で住民を助ける)
の視点が愛媛県と比べても薄い。」
と苦言。
広島県知事に対しても
「災害について【ピンチをチャンスに】とはこれはいかに。
そもそも、開発許可をしたのは県だ。ピンチを招いておきながら
あの言い方はないだろう。」
と疑問を呈しました。
その上で
「フランスのようにデモをする文化は日本にはないが、今年は広島市長選挙、
市議選、県議選、そして参院選は確実にある。フランスは【フランスの若い安倍】ともいえるマクロン大統領に対して、【マクロン、ええ加減にせいよ】とデモが起きたが、日本でも【総理、知事、市長。ええ加減にせいよ!】という結果にしよう。」
と力を込めました。

「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている_e0094315_18521581.jpg
「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている_e0094315_18522159.jpg
「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている_e0094315_18523050.jpg
広島瀬戸内新聞は前日の22日(火)夕方にも中筋駅前で「コスタリカの奇跡」
上映会のご案内をさせて頂きました。
「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている_e0094315_19273094.jpg


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27936908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-01-23 19:13 | 活動報告 | Trackback