人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラクが、同国からの米軍撤退を強調

イラク戦争とは何だったのか?
イラクにテロの濡れ衣がきせられ、多くの人が殺された。
そして、アメリカもイラクで嫌われただけでした。





2019年02月05日15時43分
  • イラクにおける米軍
    イラクにおける米軍

イラクの政府関係者や政治団体が、同国でのアメリカ軍駐留を早急に終了させるよう求めました。

アメリカのトランプ大統領は3日日曜、「アメリカ軍のイラク駐留継続の目的は、イランを近くから監視することにあり、アメリカはイラクから米軍を撤退させるつもりはない」と語っています。

イラクのバルハム・サーレハ大統領は、「アメリカ軍に、イランなどの問題に干渉する権利はない」と述べました。

イラクのバルハム・サーレハ大統領

また、イラク国民議会のハルブシ議長も、「当国民議会は、アメリカの軍事駐留とその兵士や基地の数、そして外国の軍事顧問に対するわが国の需要の度合いについて、わが国の政府に質疑を提起する意向だ」としています。

さらに、イラクのアルキャアビー国民議会副議長もアメリカのトランプ大統領に対し、「イラク国民は、わが国の法律や国民の総意に基づいて、アメリカ軍を国外に退去させるだろう」と強調しました。

イラクのアバディ前首相も、「アメリカ軍のイラク駐留継続に関するトランプ大統領の発言は、わが国に対する内政干渉に等しい」と語っています。

イラク議会の一部の議員も、アメリカ軍を早急にイラクから撤退させる法案の可決を要請しました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27985355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2019-02-05 19:31 | 9.11テロとイラク・アフガン戦争 | Trackback